プロフィール

  • Author:舞鶴散歩人
  • まいづる さんぽびと

    舞鶴市の伝説や昔話が好き。
    舞鶴市の雑学も大好きです。

    不定期の更新です。
最近のトラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回 若狭たかはま ひなまつり

2010/02/14~2010/03/03

若狭たかはま ひなまつり
画像は2009年の若狭たかはま ひなまつり。
ふくい旅倶楽部さんのブログからお借りしました。
※掲載許可を頂きました。

2月14日~3月3日まで、福井県大飯郡高浜町の本町・中町一帯の商店・民家約80件もの雛人形が公開されます。
街歩きを楽しみながら、様々な雛人形を楽めますよ。
高浜町は福井県の端っこで京都府舞鶴市から車で少し走った場所にあります。

期間:平成22年2月14日~3月3日
場所:本町商店街周辺(福井県高浜町)
交通:JR 若狭高浜駅から徒歩10分
    無料休憩所や駐車場あり
お問い合わせ先:高浜町観光協会TEL0770-72-0338


高浜町は『すし発祥の地』※青郷地区
昭和35年、奈良の平城宮跡から出土した大量の荷札木簡(荷物を送るときにつけた荷札)『贄札(にえふだ)』の中に「若狭國遠敷郡青里御贄多比鮓壹かく」と記されたものがある事を、昭和38年に当時の国立奈良文化財研究所が発表しました。

これは、若狭国遠敷郡青の里(現在の高浜町青郷地区)より、多比鮓(鯛のすし)を献上したことを示すものです。
この木簡は、すしの存在を示す最古の現物資料であることから、考古学会に一大センセーションを巻き起こしました。

 「贄(にえ)」とは、皇族に対して税の一種として献上された食材で、全国各地の特産物が納められており、現在発見されている若狭地域の贄札には、ほとんど高浜町の地名が記され、「すし」や「ひもの」に加工され納められていたことが分かります。

【記事引用】
高浜町ホームページ
すし発祥の地-若狭高浜-『若狭たかはま鮨』
http://www.town.takahama.fukui.jp/page/machi/takahamasusi.html

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

舞鶴市の光景
ブログ内検索
カレンダー
<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今日の日付 現在の時刻
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。