プロフィール

  • Author:舞鶴散歩人
  • まいづる さんぽびと

    舞鶴市の伝説や昔話が好き。
    舞鶴市の雑学も大好きです。

    不定期の更新です。
最近のトラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年、「ちゃったまつり」のイベントの一つとして実施されてきた、海上自衛隊舞鶴地方隊の「展示訓練」
2016年の今年は実施しないそうです。
 
楽しみにしてたのになぁ。(´・ω・`)
 
―――――――――――――――――
 
<海自舞鶴>恒例の公開訓練せず 北朝鮮・中国対策影響か
毎日新聞 7月5日(火)11時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160705-00000023-mai-soci
 
 海上自衛隊舞鶴地方隊が半世紀近く実施してきた艦艇による夏の公開訓練を、今年は実施しないことが4日、分かった。舞鶴地方総監部は「艦船の部隊運用を考慮しての決定」と説明。北朝鮮による日本海でのミサイル発射や、中国船の領海侵入が相次ぐ中、海自の艦船・人員の余裕が無くなったとみられ、日本を取り巻く緊張の高まりが、舞鶴の夏の恒例行事にも影響した形だ。
 
 舞鶴の夏の公開訓練は「展示訓練」と呼ばれ、1968年から、自衛隊観艦式のある年を除き毎年行われてきた。3年に1度、海自の主力艦が東京近海に集まる観艦式になぞらえ「ミニ観艦式」とも呼ばれている。全国の部隊から選ばれた護衛艦、潜水艦、航空機が若狭湾に集結。公募の一般市民が護衛艦に便乗し間近で見学する大がかりなPRイベントだ。29回目となった2014年には市民4640人が参加。昨年は観艦式で開催されなかった。
 
 海自関係者によると、展示訓練は年度初めから予行演習のために何度も10隻近い艦船を集める必要がある。ソマリア沖での海賊対処行動が常態化、尖閣諸島と北朝鮮対策での出動頻度が高くなったため、毎年約4カ月必要なドックでの点検・補修や、乗組員の訓練の時間を確保するために、護衛艦隊・地方隊計48隻の護衛艦からこうしたイベントに派遣する余裕は年々無くなっているという。
 
 同総監部広報係は「護衛艦隊の業務計画の中で展示訓練に艦を出すのが難しいと判断され、艦艇・人員を確保できない」と説明する一方「来年以降の開催についてはその都度、公表するが状況が変わらない限り難しいのではないか」との見方を示した。展示訓練に毎年応募し参加経験のある京都市内の女性(40)は「毎年楽しみだったので残念ですが、本来のお仕事に障るならそちらに力を入れてほしい」と話していた。
【鈴木健太郎】
 
 

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

舞鶴市の光景
ブログ内検索
カレンダー
<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今日の日付 現在の時刻
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。